Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

Tシャツが安いお店は? 無地Tシャツ価格順ランキング!

いざという時に役立つTシャツも、慌てて買うと高い買い物になることも。

そこで、Tシャツの販売店をいろいろ調べ、薄手のものから厚手のものまで価格調査・比較をしました。

薄手のTシャツは大手実店舗で販売されているものが安く、厚手のものはネット通販で購入するのがお得という結論に至りました。


目次

Tシャツが安い店:薄手TシャツならGU、しまむら、イオンなど

Tシャツは概して、生地が薄いものほど安いです。

特に、2枚組・3枚組で売られているTシャツは、薄手のものだと言ってほぼ間違いありません。

例えば、「GU」の3枚組Tシャツは、税込990円(1枚あたり330円)。

しまむら」の2枚組Tシャツは税込780円(1枚あたり390円)。

イオン」の格安Tシャツは、2枚組で税込880円(1枚あたり440円)です。

アンダーシャツとしてワイシャツの下などに着る場合には、大手実店舗で買うのが良いと言えます。

しかし、薄手のTシャツはシワになりやすく、ヘタレやすい特徴があります。

このような薄手Tシャツをトップスで単独着用すると、ダサくなってしまいます。

そこで、この記事では、格安ながらしっかりした生地を使っているお店をまとめました。

生地の厚さを表すオンス(oz)をチェック!

しっかりした生地かどうかの目安になるのが、オンス(oz)と呼ばれる単位です。

オンスの値が高いものほど、厚手の生地であることを表しています。

「パッケージにはTシャツと書かれていたのに、着てみるとペラペラだった」というものは、3~5オンスの薄手Tシャツです。

一方、5.6オンス以上のものは一般的に「ヘビーウェイトTシャツ」と呼ばれ、トップスで単独着用してもかっこよくキマることが多いです。

ただし、「ヘビーウェイト」の明確な基準はないため、オンス表記がされていないTシャツについては当たり外れがあると思っておいた方が良さそうです。

大手実店舗で販売されているTシャツには、「ヘビーウェイトTシャツ」と表記されていても、オンス表記が見当たりません

客観的な判断基準を提示してもらわないと困るな、と個人的には思っています。

同じ「ヘビーウェイトTシャツ」でも、6オンス以上になるとハイクラスですが、オンス表記がなければ確かめようもありません。

安いTシャツランキング:ヘビーウェイトTシャツ(厚手生地)

ここからは、Tシャツを安いもの順ランキング形式で紹介します。

ただし、単独着用に適した高品質Tシャツを紹介したいため、「ヘビーウェイトTシャツ」(5.6オンス以上)に限っています。

🌈1位*プリントスター 5.6オンスTシャツ(税込549円)

プリントスター」は、「トムス株式会社(本社:東京都渋谷区)」によるファッションブランド名です。

「プリントスター」の商品については、Amazonの直販でラインナップを見ることができます。

Amazonからでも十分安い値段で買えますが、「無地Tシャツ専門店 Tshirt.st」では、さらに安い価格で販売されています。

送料無料となっていますが、実際には970円以上の注文でなければ購入できません。

ただし、2枚まとめて買っても1000円強。これは嬉しいプチプラですね。

カラーバリエーションの多さにも驚きです。

5.6オンスは、薄くもなく厚くもなく、標準的な厚さのTシャツになります。

リーズナブルな価格のヘビーウェイトTシャツ」のため、人気があります。

🌈2位*プリントスター 5.6オンスTシャツ(キッズ用)(税込499円)

上述の店舗「無地Tシャツ専門店 Tshirt.st」では、子ども用Tシャツも格安で販売されています。

安さだけで言うと、これが最も安い価格のTシャツなのですが、子供用ということで、ランキングでは2位にしています。

970円以上の注文がなければ購入できないのは上記に同じです。

しかし、2枚購入しても税込1000円未満送料無料には驚きです。

キッズTシャツに関しても、豊富なカラーバリエーションがあります。

子どもは走り回るので一般的なTシャツは生地がすぐ伸びてしまいますが、5.6オンスもの厚さがあると安心ですね。

ネットでも高い評価を受けています。

🌈3位*ユナイテッドアスレ 5.6オンスTシャツ(税込609円)

ユナイテッドアスレ」は、アパレルメーカー「キャブ株式会社(本社:名古屋市)」のファッションブランド名です。

1930年創業の老舗企業で、Amazonに公式ストアがあります。

無地Tシャツ専門店 Tshirt.st」では、「ユナイテッドアスレ」のTシャツも扱っています。

970円以上の注文がなければ購入できないため、2枚をまとめ買いする必要があります。

2枚買っても、非常に安いので、お得感は抜群です。

カラーバリエーションも豊富です。

リーズナブルながら、品質の良さが高い評価を受けています。

4位*プリントスター 5.6オンスTシャツ(税込660円)

Amazonを利用すれば、「プリントスター」の5.6オンスTシャツを1点からでも購入することができます。

1枚あれば十分という人には、Amazonを活用するのがおすすめです。

Amazonプライム会員であれば、無料試着も行えます。

自分に合っていないと思えば無料で返送できるので便利です。

Amazonプライム会員の詳細については、別記事でまとめています。

Amazonの「Prime try before you buy」を活用すれば、自宅であれこれ試着ができますね。

5位*ユナイテッドアスレ 6.2オンスTシャツ(税込999円)

ユナイテッドアスレ」のTシャツはAmazonでも売られています。

標準的な5.6オンスより厚手、ハイクラスの6.2オンスTシャツです。

Amazonの「Prime try before you buy」を活用すれば、試着してから買うかどうか決めることもできます。

🌈6位*チャンピオン 6オンスTシャツ(税込1,000円)

チャンピオン」はアメリカの有名ブランド。

日本では「ヘインズブランズ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)」が「チャンピオン」ブランドの商品を販売しています。

Amazonに公式ストアがあります。

「チャンピオン」のTシャツは一般的に値段が高めですが、「Z-CRAFT(株式会社ロイヤル:本社・名古屋市)」では格安販売をしています。

標準的な厚さよりさらに厚手、ハイクラスの6オンスTシャツが、送料無料、税込1,000円で購入できるのは驚きです。

順位としては6位ですが、洗練されたデザインがかっこよいため、【おすすめ】にしています。

なお、並行輸入品のため、簡易包装になっています

袖のところについている「チャンピオン」のロゴマークも、おしゃれです。

🌈7位*ユナイテッドアスレ 7.1オンス(税込1,159円)

7.1オンスの「スーパーヘビーウェイトTシャツ」です。

無地Tシャツ専門店 Tshirt.st」で販売されています。

厚みがあるため、作業着など様々な用途で重宝します。

実際に着用してみると、5.6オンスや6オンスTシャツとは、使用感が全く違います。

これは、単独着用にピッタリのTシャツ。

ポロシャツ並の厚みです。

かなりの汗をかいても、しっかり吸収してくれます。

ハイクラスTシャツのため、ネットでも高い評価を受けています。

8位*ヘインズ・ビーフィー 6.1オンスTシャツ(税込み1,390円)

ヘインズ」は、「チャンピオン」と並びアメリカの有名ブランド。

日本では、「ヘインズブランズ ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)」が「ヘインズ」ブランドの商品を販売しており、Amazonに公式ストアがあります。

「ヘインズ」のTシャツは一般的に値段が高めですが、「A-GRADE(株式会社Aグレード)」では格安販売をしています。

「ヘインズ」のTシャツは薄手のものが多いですが、ビーフィーは標準的なTシャツよりも厚めの「ヘビーウェイトTシャツ」です。

厚手になっても「ヘインズ」の肌触りの優しさはそのままです。

値段が高めなのは少しネックですが、これはこれで十分検討の余地がありそうです。

レビューを見ていても、肌触りの良さが高評価ですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる