Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

吸盤補助板:ダイソー、セリア、ニトリの接着シールを比較!

キッチンやお風呂場など、吸盤は様々な場面で活躍します。

しかし、通常の吸盤はストレスの元凶。

  • 吸盤をつけようとしてもくっつかない
  • いつの間にか吸盤がポロッと落ちていた

吸盤は、少しでも空気が入ると真空状態を保てず、粘着力を失うのです。

その欠点を補い、吸盤の力を強めてくれる便利アイテムが「吸盤補助板(きゅうばんほじょいた)」です。

吸盤補助板は、ダイソー、セリア、ニトリなどで売られています。

あれこれ試してみて、最も優秀だった吸盤補助板は「SANEI」製。

100均などで販売されている吸盤補助板と比較し、その違いについてまとめました。


目次

ダイソーの吸盤補助板:メリットとデメリット

ダイソーの吸盤補助板のメリットは、何と言っても安いことです。

100均商品のため、税込110円です。

直径6.5cm(4枚入り)と、直径8cm(3枚入り)の2種類があります。

取り付けられる場所

取り付けられる場所と、取り付けられない場所は、以下のとおりです。

【取り付けられる場所】… ガラス、タイル、コンクリート、ステンレス、ユニットバス内壁、金属塗装面、平らな塗装木材、プラスチック、化粧板

【取り付けられない場所】… ざらつき、凸凹、歪曲のある面

以前、浴室タイルに貼って使ってみましたが、1年以上使っても、吸盤補助板が剥がれ落ちることはありませんでした。

安さにおいて100均に勝るお店はありませんが、大きなデメリットがあります。

それは、長期間使用すると粘着シートがドロドロになって壁などと一体化し、剥がすことが難しくなるという問題です。

特に、賃貸アパートなどで使用する際は要注意です。原状回復ができません。

短期間であれば、きれいに剥がせる可能性はありますが、この場合でも再利用はできません。

シートがペラペラのため、一度シワになったものは二度と使えないためです。

セリアの吸盤補助板:メリットとデメリット

セリアでは、「Q-BAN」という商品名の「吸盤用補助板」が販売されています。

ダイソー同様、税込110円で買えるのは大きなメリットです。

パッケージには「くり返し使える!」と書いてあったため、試しに購入してみました。

「洗えば粘着力がよみがえる!!」と書かれていましたが、中身はダイソーのものとほぼ同じです。

薄くてペラペラのため、これが再利用できるのか疑問です。

実際の使用感もダイソーの吸盤補助板と同じため、長期間使用すると剥がしにくくなる、(長期間使った後の)再利用はほぼ不可能という点も変わらないでしょう。

ニトリの吸盤補助板の特徴は?

100均ショップと全く違った形状の吸盤補助板が、ニトリで売られていました。

ダイソーでもセリアでもペラペラのものでしたが、ニトリで販売されている吸盤補助板は、厚さが1mmもあります。

ガチッと硬く、やや薄めの下敷きのような感じです。そのため、シートが曲がったり、シワになることはありません

パッケージを見ると、ニトリのPBではなく、「SANEI」という会社の製品でした。

ネット検索してみると、Amazonでも楽天市場でも、売られていることがわかりました。

SANEIの吸盤補助板には、直径75mmのものと直径110mmのものとの2種類があります。

【直径75mm】

【直径110mm】

SANEIの吸盤補助板:メリットとデメリット

SANEI株式会社(旧 株式会社 三栄水栓製作所)は、大阪市に本社のある企業です。

1954年創業の老舗メーカーで、水回り製品の企画・製造・販売を行っています。

東証の上場企業(STD)のため、製品への安心感もありますね。

SANEIの吸盤補助板の用途は、100均のものとほぼ同じです。

取り付けられる場所

取り付けられる場所と、取り付けられない場所は、以下のとおりです。

【取り付けられる場所】… ユニットバス内壁、タイル、プラスチック、ガラス、ホーロー、金属塗装面、木部塗装面等

【取り付けられない場所】… 塗装されていない木部、しっくい、砂壁、壁紙等

SANEIの吸盤補助板のデメリットを先に言うと、100均のものより値段が高くつくことです。

しかし、シャワーヘッド取付用として開発された吸盤補助板だけに、品質の良さは申し分ありません。

何度でも繰り返し使える

SANEIの吸盤補助板の特徴の一つは、繰り返し使えることです。

100均の吸盤補助板は、どれも薄いシートになっています。

そのため、一度剥がすとシワになり、実際に再利用するのはほぼ不可能です。

一方、SANEIの吸盤補助板は下敷きほどの厚さがあるため、折れ曲がったり、シワになることがありません。

粘着力が落ちても、水で洗えば粘着力が復活します。

ゴミやほこりを水で洗い落とし、乾燥させると、再利用が可能です。

壁を汚さず、きれいに剥がせる

SANEIの吸盤補助板は、壁を汚さず、きれいに剥がせることにおいても優れています。

素材に厚みがあることに加え、ツマミもついているため、楽々剥がせるのです。

通常の吸盤補助板は剥がすのに一苦労するため、こういった工夫は助かりますね。

吸盤をサポートする抜群の強度

もともとSANEIの吸盤補助板は、お風呂場のシャワーヘッドをつける用途で開発されたため、その強度も抜群です。

シャワーヘッドは、かなりの重さ。お風呂場ということで、湿度もかなり高い状態です。

そんな過酷な場所での使用に適したものとして作られているため、優れた品質であることは言うまでもありません。

気づいたら、15枚もSANEIの吸盤補助板を買っていた!

試しにサンエイ製の吸盤補助板を1つだけ購入し、家のあちこちに貼ってみました。

どこにでも面白いようにくっつきます。

粗い木目の木製扉にもピッタリくっつきました。

うちの子は、これを使って、「子ども部屋の扉を飾りたい」とのことだったので、続けて4枚まとめ買いしました。

SANEIの吸盤補助板の使い勝手があまりにも良かったため、さらに6枚、その後もさらに4枚購入し、気がつくと累計で15枚も買っていました(笑)

粘着式フックとの組み合わせも便利!

吸盤補助板さえあれば、フックも簡単に取り付けられます。

100均の吸盤式フックはよく落ちますが、同じ100均でも粘着式の吸盤フックは、かなりの強度です。

ただし、100均の粘着式の吸盤フックは、剥がすと跡が残るという問題があります。

そこで、SANEIの吸盤補助板の出番です。

SANEIの吸盤補助板の上に100均の粘着式フックを貼り付ければ、

  1. 落ちにくい
  2. 剥がしても跡が残らない

最強のフックになります。

娘は早速、お風呂場の扉にこんなものを作って引っ掛けていました。

入浴中であることを家族に知らせる札です。

このように、今までフックをかけられなかった場所でも、SANEIの吸盤補助板を使えば安心して取り付けられます。

リースをつければ、明るい雰囲気に

吸盤式フックとの組み合わせで、様々なことが可能になります。

家のあちこちの扉が、賑やかに飾られることになりました。

娘は、お花のリースを子ども部屋の扉に飾っていました。

マグネットのフックも簡単につけられる

下の娘も、「自分の子ども部屋の扉を飾りたい」と言い出しました。

ただし、ここで一つ問題が発生。

娘が気に入ったフック(100均で見つけたもの)は粘着式ではなく、マグネット式だったのです。

しかし、問題はあっさり解決!

SANEIの吸盤補助板の上に、粘着式マグネット(もしくは補助プレート)を貼り、その上にマグネット式フックを取り付ければいいのです。

SANEIの吸盤補助板さえあれば、アイデア次第で家の中を自由にデコレーションできますね。

お風呂場のシャワーヘッドも取り付けられる!

SANEIの吸盤補助板は、様々な場所での使用が可能です。

強度がある吸盤補助板のため、シャワーヘッドのように重量のあるものにも使用できます。

シャワーヘッドを取り付ける場合のおすすめは、同じくSANEIの吸盤式シャワーフックです。

SANEIの吸盤式シャワーフックは直径73mmのため、75mmの吸盤補助板を使えばジャストサイズです。

ご覧のように、我が家のシャワーヘッドはかなり重量がありますが、吸盤補助板と吸盤式シャワーフックで、シャワーヘッドをしっかりホールドしています。

この強度には驚きですね。

なお、シャワーヘッドの交換と取付の詳細については、別記事でまとめています。

SANEIの吸盤補助板の特徴まとめ

SANEIの吸盤補助板は、繰り返し何度でも使用できます。

下敷きのような厚みがあるため、シワになることも、折れ曲がることもありません

ツマミがついているため、壁などから剥がすのも楽々行えます。

サイズは、お風呂場のシャワーヘッドを取り付ける用途で開発されたため、強度も抜群

直径75mmと、直径110mmの2種類があります。

【直径75mm】

【直径110mm】

シャワーヘッドを取り付けるために吸盤補助板を使う場合は、SANEIの吸盤式シャワーフックを組み合わせるとベストマッチです。

吸盤補助板を活用することで、暮らしがますます便利になりますね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次