夏用の国産(日本製)マスク3社を比較した! 記事を読む

吸盤補助板:ダイソーとニトリの接着シールを比較!

キッチンやお風呂場など、吸盤は様々な場面で活躍します。

しかし、このような経験はないでしょうか?

  • 吸盤をつけようとしてもくっつかない
  • いつの間にか吸盤がポロッと落ちていた

吸盤は、少しでも空気が入ると真空状態を保てず、粘着力を失ってしまいます。

その欠点を補い、吸盤の力を強めてくれる便利アイテムが「吸盤補助板(きゅうばんほじょいた)」です。

吸盤補助板の表面は平らなため、吸盤の吸着力をアップしてくれます。(※裏面は通常、粘着テープになっています。)

そこで今回、100均ダイソーとニトリで吸盤補助板を購入し、その違いを比較してみました。



目次

ダイソーの吸盤補助板でも粘着力は強い!

こちらは、100均ダイソーで購入した「吸盤補助板(ほじょいた)」です。

直径6.5cmのものが4枚入りで税込110円です。

また、ひと回り大きい直径8cmの吸盤補助板(3枚入り)もありました。

【取り付けられる場所】… ガラス、タイル、コンクリート、ステンレス、ユニットバス内壁、金属塗装面、平らな塗装木材、プラスチック、化粧板

【取り付けられない場所】… ざらつき、凸凹、歪曲のある面

浴室タイルに貼って使ってみましたが、1年以上使っても、吸盤補助板が剥がれ落ちることはありませんでした。

これだけの耐久性があれば、通常はこの100均のもので十分でしょう。

安さにおいて100均にかなうお店はありませんが、問題点はあります。

特に、賃貸アパートなどで利用する際は要注意です。

なお、ネット通販で「Q-BAN」という商品名の「吸盤用補助板」を見つけました。

価格が安く、「くり返し使える!」と書いてあったため試しに購入したのですが、100均の吸盤補助板とほぼ同じ薄さで期待はずれでした。

※このQ-BANの吸盤補助板については、100均セリアでも売られているのを後日見つけました。

ニトリ(サンエイ製)吸盤補助板を使うメリットは?

ニトリで販売されている吸盤補助板は「SANEI(サンエイ)– 旧社名:三栄水栓製作所」製で、高級感があります。

SANEI㈱は、東証2部【6230】上場企業なので安心感もありますね。

用途は100均のものとほぼ同じです。

【付けられる場所】… ユニットバス内壁、タイル、プラスチック、ガラス、ホーロー、金属塗装面、木部塗装面等

【付けられない場所】… 塗装されていない木部、しっくい、砂壁、壁紙等

なお、サンエイ製の吸盤補助板には、直径75mmのものと直径110mmのものとの2種類があります。

【直径75mm】の吸盤補助板

【直径110mm】の吸盤補助板

いずれの吸盤補助板でも、Amazonの送料無料サービスを使うのが便利そうですね。

私は最初、ニトリで直径75mmの吸盤補助板を購入したのですが、価格は税込407円(370円+税)でした。

実店舗とネット通販とで価格を比較してみると、ネット通販で買う方が、かなりお得ですね。

ただし、サンエイ製の吸盤補助板は100均のものと比べると価格が高めです。

サンエイ製の吸盤補助板を使うメリットはあるのでしょうか?

サンエイ製の吸盤補助板は、何度でも繰り返し使える

サンエイ製の吸盤補助板の特徴の一つは繰り返し使えることです。

100均の吸盤補助板にもQ-BANのように「くり返し使える」と書かれているものはありますが、100均のものはどれも薄いシートになっています。そのため、一度剥がすとシワになり、実際に再利用するのは至難の業です。

一方、サンエイ製の吸盤補助板は下敷きほどの厚さがあるため、手に持った瞬間、繰り返しの使用に耐えられるものであることが実感できます。

また粘着力が落ちても、水で洗えば粘着力が復活するため非常に便利です。

説明書には、「補助板を付け替える場合、壁面からゆっくり剥がし、ゴミやほこりを水で洗い落とし、乾燥させてください」と書かれています。

サンエイ製の吸盤補助板は、壁を汚さず、きれいに剥がせる

もう1つの特徴は、サンエイ製の吸盤補助板は壁を汚さずきれいに剥がせることです。

100均の「吸盤補助板」は長期間使用すると粘着シートが壁などと一体化し、剥がすのに一苦労します。

100均の吸盤補助板に関しては、ドライヤーを使ってかなり高温にした後、ヘラを使って吸盤補助板の端からこするようにすると剥がせる場合もあります。

しかし、使用期間が長いと粘着部分が溶け出してヘドロ状になり、それが固まって壁と一体化するため、この方法でもきれいに剥がせません。

それに対して、サンエイ製の吸盤補助板は上記で述べたように素材が分厚いことに加え、ツマミもついているのできれいに剥がせるよう工夫されています。

また、もともとサンエイ製の吸盤補助板は、お風呂場にシャワーヘッドをつける用途で開発されたため、その強度は抜群です。

ただし、サンエイ製の吸盤補助板を壁紙に貼る場合は注意が必要です。

粘着力が強いために、壁紙も一緒に剥がれてしまうことがあります。

これらの理由から、100均のものではなく、サンエイ製の吸盤補助板を使うメリットはかなり大きいと言えます。

気づいたら、15枚もサンエイ製の吸盤補助板を買っていた!

試しにサンエイ製の吸盤補助板を1つだけ購入し、家のあちこちに貼ってみました。

どこにでも面白いようにくっつき、上の画像のように粗い木目の木製扉にもピッタリくっつきました。

うちの子は、これを使って子ども部屋の扉に飾りをつけたいとのことだったので、続けて、4枚まとめ買いしました。

サンエイ製の吸盤補助板の使い勝手があまりにも良かったので、さらに6枚、その後もさらに4枚購入し、気がつくと累計で15枚買っていました(笑)

100均の粘着シール付きフック+サンエイ製の吸盤補助板の組み合わせは最強!

吸盤補助板さえあれば、フックも簡単に取り付けられます。

吸盤式フックを使っている人も多いと思いますが、100均の吸盤はしばらく使っているとポロッと落ちてしまい、結構ストレスになります。

しかし、サンエイ製の吸盤補助板と100均の粘着シール付きフックを組み合わせれば、

  1. 落ちにくい
  2. 剥がしても跡が残らない

最強のフックになります。

娘は早速、お風呂場の扉にこんなものを作って引っ掛けていました。

入浴中であることを家族に知らせる札です。

このように、今までフックをかけられなかった場所でも、サンエイ製の吸盤補助板を使えば安心して取り付けられます。

リースをつけるだけでも明るい雰囲気に

家のあちこちの扉が飾られることになりました。

吸盤補助板と粘着シール付フックを使い、お花のリースをつけるのもいいですね(※娘のアイデア)。

マグネットのフックも簡単につけられる

下の娘も、自分の子供部屋の扉に飾りを作りたいと言い出しました。

娘が気に入ったフックはマグネット式のもの(上の画像のカエルのフック)でしたが、その場合、吸盤補助板の上に粘着シール付きマグネット、もしくは磁石用ステンレス補助プレート(上の画像のもの)を貼れば大丈夫です。

どちらも100均で売られています。

磁石用ステンレス補助プレートはかなり強力で、1kgくらいのものをフックに下げても大丈夫そうな感じです。

ちなみに、100均へ行けば、穴が開いていて紐をつけられる飾りが数多くあります(おしゃれなものが多いのはダイソーよりセリアでした)。

吸盤補助板があれば、アイデア次第で家の中を自由にデコレーションできますね。

【直径75mm】の吸盤補助板

【直径110mm】の吸盤補助板

お風呂場のシャワーヘッドも取り付けられる!

サンエイ製の吸盤補助板は、様々な場所で利用が可能です。

かなりの強度がある吸盤補助板なので、シャワーヘッドのように重量のあるものにも使用できます。

シャワーヘッドの取り付けに関しては、別記事でまとめています。

あわせて読みたい
サンエイ製の吸盤補助板を使ってシャワーヘッドを取り付けた!
サンエイ製の吸盤補助板を使ってシャワーヘッドを取り付けた!サンエイ製の吸盤補助板はとても優れた商品です。100均で販売されている吸盤補助板との違いについては、別記事でまとめています。https://blog123.info/archives/96今回...

シャンプーラックや石鹸置き場の問題も解消!

吸盤補助板が最も活躍する場は、お風呂場かもしれません。

これさえあれば、床置き式の浴室ラックも必要ありません。

浴室での吸盤補助板の活用方法については、別記事でまとめています。

あわせて読みたい
吸盤補助板を活用! お風呂のシャンプー置き場、石鹸置き場
吸盤補助板を活用! お風呂のシャンプー置き場、石鹸置き場お風呂場にはシャンプーや石鹸(ボディソープ)などが欠かせません。しかし、お風呂場は湿気が多いため、シャンプーボトルの底部がヌメヌメする石鹸受けの底部にカビが...

シャンプーや石鹸、洗面器など、何でも壁に掛けられるので、お風呂場がスッキリしますね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる