夏用の国産(日本製)マスク3社を比較した! 記事を読む

吸盤補助板:ダイソーとニトリの接着シールを比較!

キッチンやお風呂場など、吸盤はいろいろなところで活躍します。しかし、吸盤をつけようとしてもくっつかない、いつの間にか吸盤がポロッと落ちていた、といったことがありませんか?

吸盤は、少しでも空気が入ると真空状態を保てず、粘着力を失ってしまいます。

その欠点を補い、吸盤の力を強めてくれる便利アイテムが「吸盤補助板(きゅうばんほじょいた)」です。吸盤補助板を貼った上から吸盤をつけると、吸着力がアップするのです。

そこで今回、100均ダイソーのものとニトリのものとを比較し、その違いを調べてみました。

目次

ダイソーの吸盤補助板は強力!

こちらが、100均ダイソーで購入した「吸盤補助板(ほじょいた)」です。

直径6.5cmのものが4枚入りで100円(税別)です。

【取り付けられる場所】… ガラス、タイル、コンクリート、ステンレス、ユニットバス内壁、金属塗装面、平らな塗装木材、プラスチック、化粧板

【取り付けられない場所】… ざらつき、凸凹、歪曲のある面

浴室タイルに貼って使ってみましたが、1年以上使っても、吸盤補助板が剥がれることはありませんでした。

これだけ耐久性があれば、通常はこの100均のもので十分でしょう。

ニトリの吸盤補助板を使うメリットは?

ニトリで販売されている吸盤補助板は「SANEI(サンエイ)」製で、高級感があります。

サイズは100均のものよりも1cm大きく7.5cm。1枚入で370円(税別)です。100均のものと値段がずいぶん違いますね。

ちなみに、これより大きな110mmのものもあります(648円+税)。

いずれにせよ、使い方は100均のものとほぼ同じです。

【付けられる場所】… ユニットバス内壁、タイル、プラスチック、ガラス、ホーロー、金属塗装面、木部塗装面等

【付けられない場所】… 塗装されていない木部、しっくい、砂壁、壁紙等

用途については、100均のものとほぼ同じですね。

私はこの吸盤補助板をニトリで買いましたが、後から調べてみると、全く同じ吸盤補助板がネットでも販売されていました。

ネット通販で買う方が、かなりお得ですね。

では、100均の吸盤補助板とニトリの吸盤補助板との違いは何でしょうか?

大きな特徴としては、2つ挙げられます。

何度でも繰り返し使える

その特徴の1つは、ニトリ(サンエイ製)の吸盤補助板は繰り返し使えることです。

100均のものは薄いシート状のものなので、一度剥がすとシワができるため再利用はできません。

一方、ニトリのものは下敷きほどの厚さがあり頑丈です。

粘着力が落ちてきても、水で洗えば粘着力が復活するため、再利用が可能です。

壁を汚さず、きれいに剥がせる

もう1つの特徴は、ニトリのものは「壁に汚れを残さずきれいに剥がせる」ことです。

100均の「吸盤補助板」は長期間使用すると粘着シートが壁などと一体化し、剥がすのに一苦労します。

ドライヤーなどを使って(手で触るとやけどしそうなほど)熱した後、ヘラなどを補助板の端から当てると剥がすことができる場合もありますが、長期間使用しているとこの方法ではうまくいかないこともあります。

一方、ニトリのものは素材に厚みがあり、簡単に剥がせるようツマミもついているので便利です。

100均とニトリ、結局どっちがおすすめ?

双方にメリット・デメリットがあります。

どちらの吸盤補助板を使うべきかは、これを貼る場所によるのではないでしょうか。

剥がした時に、跡が多少残ってもいいようなところに貼るのであれば100均のもので十分でしょう。

一方、大切なものや、どうしても跡を残したくないような場所に貼る場合、ニトリ(サンエイ製)の吸盤補助板を使う方が無難でしょう。

用途に応じて、使い分けるのが良さそうですね。

目次
閉じる