夏用の国産(日本製)マスク3社を比較した! 記事を読む

サンエイ製の吸盤補助板を使ってシャワーヘッドを取り付けた!

サンエイ製の吸盤補助板はとても優れた商品です。

100均で販売されている吸盤補助板との違いについては、別記事でまとめています。

あわせて読みたい
吸盤補助板:ダイソーとニトリの接着シールを比較! キッチンやお風呂場など、吸盤は様々な場面で活躍します。 しかし、このような経験はないでしょうか? 吸盤をつけようとしてもくっつかないいつの間にか吸盤がポロッと...

今回はこのサンエイ製の吸盤補助板を使い、シャワーヘッドを取り付けてみました。



目次

吸盤式シャワーフックでシャワーヘッドをしっかりキャッチ!

シャワーヘッドを取り付ける場所としては、同社サンエイ製の「吸盤式シャワーフック」を使いました。

直径73mmのため、75mmのサンエイ製の吸盤補助板にピッタリのサイズです。

吸盤式シャワーフックの品番は「PS30-37-W」です。

想像していたよりも大きめサイズです。

シャワーヘッドを掛ける部分が上下左右と自由自在に動きます。

タイル、ステンレス、プラスチックなどに取り付けが可能です。

吸盤式シャワーフックの取り付け方法は?

取り付け方法は、以下のとおりです。

STEP
壁面を掃除し、吸盤補助板を貼る

最初に壁面を掃除し、サンエイ製の吸盤補助板を貼ります。

STEP
締付けリングを緩める

本体の締付リングを左側へ回し、十分に緩めます。

STEP
押付け締付ける

吸盤を壁面へ軽くあてがいフック部分をつかみ、まっすぐに強く押し付けながら締付けリングを右側へ固くなるまでしっかりと締付けます。

古くなったビス式シャワーフックのすぐ隣に取り付けました。

また、これまで使っていたのはTOTOのシャワーヘッドでしたが、ついでにシャワーヘッドもサンエイ製のものを新調しました。

シャワーヘッドを取り替えたことで、バスタイムがより楽しいものになりました。

なお、シャワーヘッドは今回グレーにしましたが、色違いも販売されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる