Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

アイリスオーヤマの玉子焼き器エッグパン:耐摩耗性試験50万回の耐久性、苦手な玉子焼きもバッチリ!

玉子焼きを作ろうとする時の大きなストレス、それは玉子が玉子焼き器にくっつくことです。

あまりにも玉子がくっつきすぎてスクランブルエッグに方針転換、皆さんも経験ありませんか?

私が持っている玉子焼き器は、油をたっぷりつけても玉子焼きが作れなくなってしまったので、買い換えることにしました。

今回購入したものは、メディアでも大きく取り上げられ、一時期は長期的な品切れ状態になっていた、アイリスオーヤマの玉子焼き器エッグパンです。

【マルチハンドル付き・玉子焼き器エッグパン】

なお、「たまご」という漢字の表記には「玉子」と「」がありますが、食用の「たまご」には「玉子」を使うことが多いです。

そこで、このページでも「玉子」「玉子焼き」「玉子焼き器」という表記の仕方で統一しました。


目次

エッグパン購入時には、マルチハンドルが必須!

エッグパン」とは玉子焼き器のことです。

様々なメーカーからエッグパンが販売されていますが、アイリスオーヤマから販売されているエッグパンは、取っ手(マルチハンドル)が付け外しできるタイプのものです。

なお、「ダイヤモンドグレイス」とは、アイリスオーヤマの商品シリーズ名。

「ダイヤモンドグレイス」の商品であれば、フライパンや鍋など、どの商品にでも「マルチハンドル」が使用可能です。

「マルチハンドル」は別売となるので一見不便のようですが、逆にこれが便利極まりないのです。

取っ手を外すと、そのままリビングのテーブルに置けたり、そのまま冷蔵庫へ入れたりすることもできるためです。

時間を節約できるのは嬉しいですね!

「エッグパン」と「マルチハンドル」を合体させると、上のようになります。

耐摩耗性試験50万回クリアで耐久性抜群!

エッグパンは、IH(IH100V・IH200V)とガスコンロ、いずれにも対応しています。

電子レンジには利用できないものの、ラジエントヒーターやオーブンでの利用は可能です。

また、満水容量は1.1L

牛乳パック1本分以上もの容量と深さがあるため、様々な料理づくりに使えます。

ミニフライパンのようなものなので、朝の忙しい時、お弁当のもう一品づくりにも役立ちますね。

本体は、耐摩耗性試験50万回をクリアしているため、耐久性は超優秀

表面は、人工ダイヤモンドを細かい粒子状にしてフッ素樹脂コーティングに配合しており、長期間の使用に耐えうるものになっています。

摩耗に強く、汚れも落ちやすいのはありがたいことです。

ガスは中火以下、電磁調理器は700W以下で使用

こちらは「エッグパン」の裏側。

熱伝導に優れているのが、外見からも分かります。

「エッグパン」は熱伝導がいいため、ガスでは中火もしくは弱火で使用します。

つまり、電気代・ガス代の節約にもなります。

電磁調理器(IHクッキングヒーター)の場合は、700W以下で使用します。

また、本体をさらに長持ちさせるためには、以下のポイントに気をつけます。

  • 使用前に、調理面全体に油をひく
  • 調理後すぐに水をかけるなど、急に冷やさない
  • 空だきをしない

アイリスオーヤマの玉子焼き器エッグパンの評判は?

2022年2月現在のレビュー評価は4.07。まずまずの高評価です。

レビュー評価

レビューを読んでいると、エッグパン本体には満足しているという声が多いです。

評価低めの人のレビューを読んでいると、本体の重さや、「マルチハンドル」の付け外しについて書いている人が多めです。

これらについては、慣れの問題かなという気がします。

少なくとも、私自身はエッグパンを使っていて何の不満もありません。

本当に優れた商品だと思います。

玉子焼きをうまく作る方法は?

エッグパンの片側は縦に真っすぐ、別の片側には傾斜がついています。

縦に真っすぐ伸びている側に「マルチハンドル」を取り付けます。

玉子を溶いた後、火がある程度入ったら、クルクルと巻きます。

クルクルと巻いた後、エッグパンの傾斜がある側に玉子をずらし、さらに溶いた玉子を加え→クルクル巻くを繰り返します。

玉子をうまく巻けない場合は?

玉子焼きの基本的な作り方は上記のとおりですが、これを菜箸で行うと玉子がうまく巻けないこともあります。

そんな時には、曙産業の「たまごやきの達人」を併用するといいかもしれません。

菜箸で玉子焼きに穴を開けてしまったり、玉子焼きの形が崩れてしまったりすることを防げるため、とても便利です。

アマゾンなら送料無料のため、特にお得。

玉子焼きの作り方については、曙産業の動画が参考になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次