Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

圧力鍋はどこで買う? 安い順ランキング

我が家で使っていた、パール金属製の圧力鍋が壊れました。

蓋がしっかり閉まらなくなり、圧力表示ピンが上がらなくなり、蒸気が横漏れするようになったのです。

そこで、圧力鍋を新調するにあたり、価格調査をしました。

ポイントは、5リットル以上の容量があることと名の知れたメーカーであることです。

それぞれの圧力鍋の特徴をまとめ、価格順(安い順)ランキングにしました。


目次

1位*パール金属5.5L(税込5,468円)

圧力鍋で最も安い価格のものは、パール金属製でした。

パール金属株式会社の本社は、新潟県三条市にあります。

1967年創立の企業で、キッチン・リビング用品などの企画開発を行っています。

アウトドア用品「キャプテンスタッグ」としても有名な会社。

楽天市場とAmazonに公式ストアがあります。

こちらは、IHにも使用できるオール熱源対応の5.5L片手鍋。

重量は3.1kgと重め。

取っ手は樹脂製で、耐熱温度は150度。

圧力調整は2段階。高圧100kPa(キロパスカル)、低圧60kPa

ワンタッチレバーで開閉が簡単です。

熱伝導の良いアルミニウムをステンレス鋼ではさんだ厚底3層構造で、保温力抜群!

お米が約8合炊けます。

レビュー評価は4.4。格安価格ながら高評価を得ています。

2位*アイリスオーヤマ5L(税込6,800円)

アイリスオーヤマは、宮城県仙台市に本社を構える企業です。

楽天市場とAmazonに、公式ストアがあります。

こちらは、オール熱源の5リットル圧力鍋。

ボタンとハンドルをスライドさせるだけの簡単操作。

ロックピンがふたをロック。

圧力が下がらないと、ふたが開かない構造になっています。

圧力調整は、低圧と高圧の2段階。

低圧では60kPa、高圧では100kPaです。

ガラスふた付きのため、温めなおしも簡単です。

圧力鍋の難点は重いこと。

しかし、アイリスオーヤマの圧力鍋には、持ち手の反対側にもハンドルがついているため、両手を使って持ち運びができて超便利

蒸し料理に便利な中かごや、60品目のレシピ本もついていてお得です。

レビュー評価は4.6。申し分のない評価を得ています。

ガラス蓋付きだから、温め直しも簡単!

私は、こちらのアイリス片手圧力鍋(KAR-5LS)を購入しました。

かなり大きなサイズで4~6人分の料理は作れます。

この圧力鍋で特に便利なのは、ガラス蓋がついていること

温め直しも簡単ですし、テーブルにそのまま持ち運んで置くこともできます

メインの取っ手の反対側にも大きな取っ手がついているため、鍋を両手で運べるのも便利です。

圧力鍋の使い方は?

圧力鍋の使用方法は、以下のとおりです。

STEP
鍋に材料を入れる

最初に、鍋に材料を入れます。

STEP
圧力ふたを閉じる

ふたと、鍋の取っ手部分に小さな●があります。

その●部分を合わせた後、蓋を回し、セットします。

セットが正しく行えると、パチンと音がして蓋が閉じます。

STEP
圧力調整レバーを回し、「Ⅰ(低圧)」もしくは「Ⅱ(高圧)」にセットする

圧力調整レバーを回し、「Ⅰ(低圧)」もしくは「Ⅱ(高圧)」にセットします。

蒸気マークは、蒸気を抜くためのポジションです。

STEP
火にかける

火にかけます。

電磁調理器でも使用可能です。

最初は強火でスタートします。

沸騰すると、ロックピン(安全弁つき)が上がります。

圧力調整レバーから蒸気が出始めるまで、強火で加熱します。

圧力調整レバーから蒸気が出始めたら弱火にします。

一度圧力がかかれば、弱火でも十分に調理できます。

STEP
火を止めて蒸らす

火を止めて蒸らします。

火を止めた後も、鍋の中は100℃以上の高音で調理が続いています。

STEP
減圧した後、圧力ふたを開ける

ロックピン(安全弁つき)が下がったことを確認した後、圧力調整レバーを蒸気マークまで回し、蒸気を完全に排出させてください。

その後、スイッチを上にスライドさせながら、圧力ふただけを右にゆっくりスライドさせます。

最後に、取っ手を押さえながら、圧力ふたを持ち上げて外します。

3位*ティファール6L(税込9,256円)

ティファール(T-fal)のブランドを展開しているのは、グループセブ

グループセブはフランスに本社を置く、世界有数の調理器具メーカーです。

日本では、株式会社グループセブ ジャパン(東京都港区)がティファール製品を扱っています。

楽天市場とAmazonに公式ストアがあります。

こちらは、ティファールの6L片手鍋。

圧力調整は2段階(高圧/低圧)。

低圧は50kPa、高圧は85kPa。他社製品と比べると、若干、圧力が少なめです。

IHを含む、オール熱源対応。

驚きの10年保証付きです。

レビュー評価は4.7。申し分のない評価を得ています。

4位*ワンダーシェフ5.5L(税込9,980円)

ワンダーシェフのブランドを展開しているのは、株式会社ワンダーシェフ(本社:大阪府豊中市)です。

金属製厨房用品の製造や輸入販売を行っている企業です。

こちらは、5.5Lの両手鍋

圧力調整は2段階。

高圧は80kPaですが、超高圧は140kPa。日本最高クラスの作動圧です。

そのため、調理時間を大幅に短縮できます。

レシピブック付きです。

レビュー評価は4.0。まずまずの評価を得ています。

5位*アサヒ軽金属5.5L(ふるさと納税60,000円)

アサヒ軽金属工業株式会社は、大阪市中央区に本社を置く企業です。

工場が兵庫県加西市にあることから、加西市のふるさと納税返礼品として扱われています。

IHにも対応したオール熱源です。

本体の重量は約3.0kg。

世界最高クラスの調理圧146kPa。

例えば、カレーなら時短0分で調理できます。

魚は、骨まで食べられるほどホロホロになります。

付属のレシピ集には、レシピが98種掲載。

レビュー評価は4.9。素晴らしい高評価を得ています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次