Amazonタイムセール終了間近! セールを見る

牛乳パックを切るカッターやハサミ:100均ダイソーよりおすすめなアイテムは?

牛乳パックを切る作業は、意外と手間がかかります。

以前は、キッチンバサミを使って切っていました。

しかし、牛乳パックはかなりの強度でできているため、良いハサミを使っても、かなり力を入れないと切りにくいのが難点。

そこで、牛乳パックを切るのに便利なアイテムを探すことにしました。


目次

100均ダイソーの牛乳パックカッターは問題あり!?

100均ダイソーで見つけたアイテムは「ダンボールカッター」です。

ダイソーのダンボールカッター

良いものを見つけたと喜んでいましたが、1ヶ月もたたないうちに、刃の付け根がポキッと折れてしまいました。

運が悪かっただけなのかなと買い替えましたが、2本目も早々と壊れました。

100均のものは、耐久性に難ありですね。

多少値段はしても、刃物専門店でしっかりしたものを買わないとダメだなと思うようになりました。

いろいろ調べて見つけたのが、長谷川刃物のダンボール用カッター「ダンちゃん」です。

メーカーものは高いというイメージでしたが、意外と安いのにびっくりです。

レビュー評価は、2022年5月現在4.5。かなりの人気商品ですね。

同様のものとして、刃渡りが短いダンボールカッター「カイちゃん」を見つけました。

同じく長谷川刃物のダンボールカッターです。

レビュー評価は4.3。こちらの商品も、かなりの人気です。

「ダンちゃん」と「カイちゃん」との違いについては、後ほど紹介します。

長谷川刃物は昭和8年創業の老舗メーカー

長谷川刃物」は、岐阜県関市に本社がある昭和8年創業の老舗企業です。

関市と言えば、刃物生産量日本一のまちでもありますし、その品質は確かです。

長谷川刃物の公式ストアは、楽天市場にあります。

牛乳パックのカッターなら「ダンちゃん」が便利!

ダンちゃん」は段ボール開封作業用のカッターですが、牛乳パックをカットするのにも便利です。

刃渡りが75mmもあり、牛乳パックの奥の方までしっかり差し込んだ状態でカット作業が行なえます。

表面はフッ素コーティングされており、スーッと滑らかに切ることができます。

カッターには細かい刃がついており、これがのこぎりの役割も果たしてくれます。

牛乳パックの固い部分は、軽くギコギコするだけ。

これだと力を入れる必要がなく、指が痛くなることもありません

牛乳パックだけではなく、ダンボール工作にも役立ちます。

梱包されたダンボールの開封には「カイちゃん」が便利!

牛乳パックのカッターとしては上記で紹介した「ダンちゃん」の他に、「カイちゃん」と呼ばれる商品もあります。

「カイちゃん」のデメリットは、刃渡りが短い(30mm)ため、怪我をしやすいことです。

牛乳パックを切る際は片手でパックを握ることになるため、刃物を持つ側の手がすべって、牛乳パックを握っている側の手を傷つけないよう要注意です。

メリットとしては、梱包に使われたダンボールを開封する際には、この刃渡りの短さが逆に便利なこと。

中身を傷つける危険性が少ないためです。

ちなみに私は、牛乳パックを切る時は「ダンちゃん」、ダンボールの開封作業には「カイちゃん」を使っています。

牛乳パック・ダンボールカッター「ダンちゃん」「カイちゃん」まとめ

牛乳パックはかなりの強度があるため、しっかりしたメーカーで、耐久性のある刃物を使うのがおすすめです。

ダンちゃん」は、刃渡りの長いタイプのダンボールカッターです。

刃渡りが75mmのため、先端部分を牛乳パックの奥へしっかり差し込み、安全に作業を行うことができます。

牛乳パックの柔らかい部分はカッターのようにスーッと切ることができ、固い部分はノコギリのようにギコギコしながら切ります。

同様のもので、刃渡りの短い「カイちゃん」もあります。

「カイちゃん」の刃渡りは30mmと短いため、牛乳パックを切る時には、刃先が飛び出さないよう注意する必要があります。

その一方、中身を傷つけることがないため、ダンボールの開封作業などには適しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次